復縁 元彼

広告

復縁にはパターンがある?

復縁の成功には、ある一定のパターン(法則・共通点)があります。
そのパターンを外せば復縁には失敗し、カレシの心を取り戻すことは
二度と出来なくなるでしょう。

 

復縁を求めれる回数は、それほど多くありません。
2回、多くて3回までです。それ以上繰り返せば、貴女がストーカー呼ばわり
されてしまうのが関の山です。

 

このホームページでは、貴女がどうしても望んで止まない復縁を
成就させるのに必要な情報を集めました。

 

まだ再告白はしないで下さい!
このページを読んで、ダメなパターンに当てはまっていないか確かめてから、
確実に、カレシの心を再度手にし、復縁を成就させて下さい!

復縁で行ってはいけないこと

一般的に、「恋愛のはじめ」としては、

 

  • カレとの物理的距離を詰める
  • 共通項を見つけて話題を作る
  • 出来るだけさりげなく、シャドーイングをする

 

などが、狙った男子を友達からカレシにする手法です。

 

シャドーイングとは?
シャドーイングというのは、心理学的な「攻め」のテクニックです。
相手の行動・呼吸を真似る、というシンプルなものですが、効果は絶大なものです。
具体的には、相手が飲み物に手を付けたら、自分も飲み物を飲む。
相手が上を向いたら、自分も上を向いてみる。それだけの事で親密度が上がるテクニックなのですが、

 

仲の良いカップルなどは大抵、無意識にこの「シャドーイング」を、日常として行っています。

 

 

しかし、復縁となると、どの手法も使えません。

 

 

カレシは貴女を、自身から遠ざけようとしています。これが前提です。
そこに「物理的な距離を縮め」ようとしたら、どうでしょう。ウザがられますよね。

 

共通の話題を、とか言ってる余裕も無いはずです。既に相手は、貴女から
一刻も早く離れたいとすら、思っているのかも知れないのですから。

 

シャドーイングしようにも、やってみれば分かりますが、呼吸が合いません。
相手の行動に合わせた動きをしようとしても、半歩ズレてしまって上手く行かないでしょう。

 

 

ではどうするべきか。
まずは「ダメな例・やってはいけない事」を確認するところから始めましょう。

 

 

次のページへ


広告